アスペルガー症候群って何?3つの特徴と対処方法について

僕は公立学校の教諭として小学校に1年、中学校に6年勤めてきました。
通常学級だけでなく、特別支援学級のお子さんも担当していたことがあります。

周囲に相談できず、困っている誰かに届けばと思い不定期で特別支援教育
関わる情報をブログで発信していきたいと思います。

 

アスペルガー症候群って何?

アスペルガー症候群とは、知的発達の遅れを伴わず、かつ、自閉症の特徴のうち言葉の発達の遅れを伴わないものである。なお、高機能自閉症やアスペルガー症候群は、広汎性発達障害に分類されるものである。参照:文部科学省

アスペルガー症候群は前回説明した発達障害の1つです。主にコミュニケーション能力や社会性、想像力に障害があり、対人関係を上手に築けない障害です。

最近になって世間の認知度も増えてきましたよね。パッと見た様子では言語障害や知的障害の症状がないので
「あの子はなんか変だなぁ」と思われることも多いです。

アスペルガー症候郡には大きく分けて以下3つの症状があります。

  1. コミュニケーションの問題
  2. 対人関係の問題
  3. 物事へのこだわり・興味

1.コミュニケーションの問題

  • 周囲との会話は問題なくできるのですが、その会話の意図を汲んだり、間を読むことが苦手なんです。
  • 物事をハッキリと言わないと伝わらないことがよくあり、言われたことを鵜呑みにしてしまうので勘違いをしやすく、トラブルになってしまうことがあります。
  • 相手の気持ちを考えることが苦手なので、言い方がきつくストレートな発言で相手を傷つけてしまうこともあります。
  • 1対1でも名前を呼ばれないと気づかないことが多く、相手が誰に対して発言をしているのかが理解できません

2.対人関係の問題

  • 相手の気持ちを考えたり、想いやることが苦手です。また場の空気を読めず、社会的なルールやその場の雰囲気を壊してしまうような言動が多く、人との関係を築くことが難しいです。
  • 本人にはその気はないが自己中心的な行動をしてしまい大勢の中で浮いてしまうことがあります。また、自分の言動がその後、どのように周囲に影響を及ぼすかを想像するのが苦手です。

3.物事へのこだわり・興味

  • 決まった予定や手順などを変更することを嫌い、頑なになります。無理に変更すると混乱してしまうこともあします。
  • 自分が好きなこと興味のあることには時間をわすれて没頭してしまう高い集中力を持っています。
  • 自分が好きなこと興味のあることに関しては、大量の情報を記憶したり、引き出すことができます。

 

アスペルガー症候群かな?と思ったら

もし、子どもにアスペルガー症候群の特徴がみられたら、以下の専門機関に連れて行ってください。

  • 保健センター
  • 子育て支援センター
  • 児童発達支援事業所
  • 発達障害者支援センター

はじめの一歩を踏み出すのには勇気がいります。

しかし発達障害は発見が早ければ早いほど、周囲の理解、支援をもらえ、その子に適した関わりをすることができるんです。一歩を踏み出すことによって色々な悩みが軽減されます。

「うちの子がそんなはずはない」、「うちの子は大丈夫」と言っているうちに子どもはどんどん成長します

小学校の低学年くらいまでは「かわいい」「人とちょっと違う」「成長すれば人並みになるよね」…とか言っていては
手遅れになってしまいます。迷っている方がいたら一歩を踏み出して下さい。

15歳になる頃には子どもたちの受験、就職のリアルが迫ってきていて何度も泣きたくなる場面に遭遇しました。
(※何がリアルで、何に泣けるのかはご想像にお任せしますね)

 

どんな支援を受けられるの?

1.障害者手帳の取得

発達障害で知的障害がある場合は「療育手帳」を取得することができます。
療育手帳があると様々な支援やサービスが受けることができます。

知的障害がない場合は精神疾患により、日常生活や社会生活への制約がある方を対象とした「精神障害者保険福祉手帳」を申請できます。

2.手帳を取得できなくても

障害者手帳がなくても、申請に応じて受けられるサービスも多数存在します。

「児童発達支援」「放課後デイサービス」では発達障害の子どもや発達の遅れが気になる
子に適したサービス・支援を受けることができます。

また、障害者総合支援ほうに規定されている「自立支給付」を受け取ることもできます。

最後に

アスペルガー症候群には個人差があります。個性の数と同じくらいのアスぺルガーがいます。

実は、大人の中にもアスペルガー症候群の方はたくさんいます。たくさんの適応障害を発症し、社会に馴染めない大人は何万人もいます。(これについては時間があるときに…)

早期に発見できれば、これらのデメリットは必ず強みになります。諸説はありますが、スティーブ・ジョブズビルゲイツアインシュタインエジソンはアスペルガー症候群だったとも言われてるいます。

アスペルガーの子どもたちに未来がありますように…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です