【2年で400万円!】世界一周のための貯金方法はこれ1つで十分!

どーも、世界一周準備中のジゲン(@jigen1987)です。

世界一周に行こうと思ったのが2年半ほど前です。

そのころは貯金どころか借金(車のローン、リボ払い)返済に終われる日々でした。

そんななか、なんとか2年間400万円を貯蓄することができました。

今回は「貯金」についてのお話です。

※僕は地方公務員(教員)だったので年収は450万円(29才時点)ほどでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です!クリックを押していただければ、良記事量産します〜!

全く貯金をすることができなかった20代

今年で31才になりますが、学生時代から貯金というものを全くしたことがありませんでした。むしろ、常にマイナス。(車のローン、リボ払い)

今しか遊べないと思って遊び呆けていました。※仕事はちゃんとやっていましたよ

不思議なもんで、あると使っちゃうんですよね。あるだけ使っていました

欲しいものがあったらポチりまくりリボ払いの5000円にずっと騙され続けました。

あとあと金利でどれだけ取られていたのかを計算したらゾっとしました。恐るべしリボ払い

あと、職場の先輩に誘われるがままに週3で街に飲みに行き、5年間でレクサスの新車が買えるくらい飲んだのは誰にも言えない話だなぁ(笑)

本当にただのバカだった。(今もだけど)

でも、そんな僕でも貯金をすることができました。

その理由としては、「働き方(生き方)の選択肢を増やしたい」、「世界のきれいな景色を見たい」、「高所登山に挑戦したい」という目的ができたからです。

正直、目的のない貯金ってつらいですよね。貯金が目的にならなかったことは自分にとってはとてもラッキーなことでした。

貯金のためにまず、何をすれば良いのか?

ここで、貯金の話を始める前に大切にしたいことが1つだけあります。心や体を大事にしない無茶苦茶な節約は続かないということです。

こんな貯金は嫌だ

  • ご飯を食べない
  • 友達、同僚との付き合いをやめる
  • 自分へのご褒美がない

などです。無茶苦茶な貯金は絶対に続きません。1ヶ月目は1万円、2ヶ月目は2万円などと少しずつの額を、できる範囲で貯めて行くことがポイントです。

貯金をする時に大事にしたマインド

  • 付き合いは断らない
  • 月一回は自分へのご褒美を用意する
  • 貯金を楽しむ

付き合いは、そこまで断りませんでした。というか奢ってもらえるので変わらず行ってました。(笑)でも見極めが大事で、お金がかかりそうなお店は断る、終電をまたぎそう(タクシー、宿泊代がかかる)であれば帰るなど、工夫はしていました。

月1回は、仲の良い仲間とバーべキューをしたり、大好きな映画を見に行ったりしていました。旅行も年2回ほど行けていたので楽しい思い出もたくさん残っています。

 

貯金の前に出費を見直す

貯蓄の前に出費を見直すことをオススメします。下記に項目を並べたので確認してみてください。

  • スマホに月1万円→格安SIMにすれば月2,000円。現在LINEモバイルで通信費は月1000円ほど。
  • 一人暮らしなのに1LDK→1Rでよくない?家賃6万の1LDLから家賃3万の1kに引っ越す。
  • 車での移動→徒歩、自転車、電車に切り替える。自転車を購入することで月1万円の節約。
  • 借金の返済→金利分がもったいない。大学生でもリゾバすればなんとかなる。

 

出費を見直すだけで、月数万円貯蓄に回すことができます。貯金にフォーカスしすぎな人は出費にも注目してみよう!

スポンサーリンク

具体的な貯金方法

たくさんあるんですが、僕の一番のオススメはこれしかありません。

使えるお金を決める(財形貯蓄)

というか、いろいろ試したんですが↑これ↑に落ち着きました。

例えば、僕の場合は月に手取りで22万円いただいていました。そのうち10万円を毎月積立ていました

  • 家賃・・・3万円
  • 光熱費・・1万5,000円
  • 食費・・・2万円
  • 通信費・・1,000円
  • 交際費・・2万円     合計8万6,000円

これでも、3万4,000円が残ります。なんだかんだで残った分は使ってしまいましたが、毎月10万円はストレスなく積み立てることができました。

最初に10万円を給料から天引きすることで、そのなかでやりくりしようとします←この心理状態が大事!

社会人であれば、財形貯蓄がオススメです。学生であれば親に管理してもらってもいいでしょう。

財形貯蓄とは勤労者財産形成貯蓄制度のこと。働く人のお勤め先が、金融機関と提携して、給料やボーナスから天引きでお金を貯める制度です。会社員や、公務員、勤務先が認めれば、契約社員、パートでも利用出来ます。
参照:AllAboutマネー

ここで注意しなければならないのは、絶対にその積み立てたお金に手をつけてはいけません

僕は財形貯蓄はやらなかったのですが、給与口座とは別に口座を作り、銀行印とカード、通帳を実家で預かってもらいました。

中には、貯金がつらくなってしまい、口座のお金に手をつけてしまう人もいるので周囲の人に協力してもらいながら取り組むのも良い作戦です!

この節約によって月10万×12ヶ月=120万。

これにボーナスを年2回分で80万。1年間で200万円→2年間で400万円

貯蓄することができました。

光熱費の節約はそこまで効果がなかったように思えます。あと、冷蔵庫は空にしてから次の買い出しを行うと食費の節約につながりました。

まとめ

貯金は貯める感覚も大事ですが、出費ををおさえることも大事ですよ〜!!

それでは!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です!クリックを押していただければ、良記事量産します〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です