旅&映画好きがおすすめするロードムービー10選!今すぐ旅に出たくなること間違いなし!

ども、ドローンパッカーのジゲン(jigen1987)です。

旅に行きたいけど、我慢できない…

そんな風に思ったことがある人っていません?

僕は結構あって困っています。(笑)

でも、せっかく貯めた旅の資金は使うわけにもいかないし、どーすれば良いんだろう…

そんな時にオススメなのが映画です!!

僕は年間200本ほど映画を見る映画好きで、その中から”自分が旅をしている気分になれる”映画を厳選してみなさんに紹介します!

この記事でわかること
  • 旅・映画好きがオススメする旅映画10選(自信あり)
  • オススメの旅映画を無料で視聴する方法
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ボタンをクリックしていただけると助かります

「イントゥ・ザ・ワイルド」生きる意味を探す青年の旅

順位をつけろと言われれば、間違いなくNo. 1の映画

そして僕は歩いていく まだ見ぬ自分と出会うために

1992年の夏。アメリカの最北部アラスカ州の荒野で、廃バスの中から一人の若者の遺体がハンターによって発見された。その青年の名前はクリストファー・マッカンドレス(以下クリス)、享年24歳。1990年の夏、ジョージア州アトランタのエモリー大学を優秀な成績で卒業した後に、ある日突然旅にでる。両親に何も告げることなく中古のダットサンに乗って姿をくらました。それがクリスの壮大なる旅の始まりだった。

「モーターサイクルダイアリーズ」若かりし頃のチェ・ゲバラの青春物語

青年二人がバイクで南米大陸を1万2千キロ縦断する映画。その一人はなんと革命家になる前のチェ・ゲバラ(本名エルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナ)。

チェ・ゲバラは、大学(医学部)在学中の1952年にアルゼンチンからベネズエラまで友人のアルベルト・グラナードと旅をする。その若きゲバラの旅を映画かしたのが「モーターサイクルダイアリーズ」だ。この旅の道中に革命家になることを決心するに至る様々な出来事に出会う。

「LIFE!」忘れていた冒険心を思い出させてくれる作品

僕は、この映画がキッカケでロケ地のアイスランドへ行くことを決意。

主人公のウォルター・ミティはLIFE誌写真管理部門で働いているが、ウォルターは自分の人生が同じことの繰り返しだと感じている。そんなある日雑誌の廃刊が決まり、最終号の準備に追われるが最終号の写真が見つからない。写真家は世界のあらゆる場所で撮影した写真を送ってくるのが常だが、今はどこにいるのか判らない。その写真家を探すためにウォルターは旅に出ることになる。

「127時間」自然の脅威を教えてくれる衝撃の実話

一人で自然の中に入るのが好きな方には、一度観ることをオススメします。鳥肌もんです。

登山家であるラルンストンの身に実際に起きた事故を基に製作。2003年4月ブルー・ジョン・キャニオンを歩いていると、渓谷内で落石に遭い、壁との間に右腕を挟まれてしう。彼はこの旅の計画を誰にも伝えていなかったので、自分が探されることはないだろうと考えていた。考えた末にラルンストンは衝撃的な行動をすることに…

「スタンドバイミー」少年の心を取り戻せる名作

誰もがその名前を一度は聞いたことがある名作。

スタンドバイミーは、スティーブンキングの短編小説をもとに作られたノスタルジックな青春ドラマ。12歳の4人組の少年達がいつものように遊んでいると、ある日少年の一人が「死体を見たくない?」と3人に告げる。それがキッカケで4人は2日間の大冒険にでることになる。そして、そこで経験したことは、生涯忘れられないものとなった。

「ザ・ビーチ」あのビーチは本当に楽園だったのか?

映画冒頭のバンコク(タイ)の夜の屋台を主人公が歩く描写がカオスで、旅独特の雰囲気。

レオナルド・ディカプリオ主演のミステリアスな冒険映画。 自由を求めて東南アジアを旅する中で楽園を見つける。果たしてそこは本当に楽園だったのか?現実感を喪失した現代のリアルな若者像を浮き彫りにしていく。

※ブルーレイ版がどうしても見つかりませんでした。

「わたしに会うまでの1600キロ」パシフィック・クレイスト・トレイルに挑んだ女性の実話


持てないほど 重すぎるザックを見ると旅!って感じがしてワクワクしません?

最愛の母との死別、浮気、ドラッグ、離婚を経験する中、26歳女性シェリル・ストレイドに転機が訪れる。ある日、ふと目に付いたガイド本に惹かれ、過酷な1600キロの徒歩旅行にチャレンジすることに。旅に出る理由は「人生を見つめ直すため」。シェリルの運命は果たしていかに…

 「オン・ザ・ロード」放浪の美学を学べる作品

僕はこの映画から放浪の美学をちょっぴり学びました。

アメリカを代表する作家ジャック・ケルアックの実話を基に作られた作品。1957年に出版され、60年代カウンターカルチャーやヒッピー達は言うまでもなく、世界中に愛される作品になる。今では現代アメリカ屈指の文学作品として知られ、若き日のジョン・レノンも夢中になってたという。自分(ジャック)とは真逆の破天荒な性格の夫婦とアメリカを放浪していく姿を映し出す。

「マイレージ、マイライフ」スーツケースに収まる人生


海外を飛び回るビジネスマンに見て欲しい映画です。

ジョージ・クルーニー演じる年間322日も出張する主人公と、真面目な新人エリート女性が混じり合う物語は、見るものにいろいろと考えさせてくれる。自分は仕事への信念があるのか。人を愛するとはどういうことか。身軽な人生に憧れる。なんて考えている人が本作を見れば、ちょっとしたヒントを見つけられるかもしれません。

 ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い


旅からはちょっとズレますが、とにかくハチャメチャなノンストップムービー!

ダグ、スチュアート、アランのキャラがそれぞれ強烈。前作の騒動から2年後、婚前パーティで一行は前回の反省も踏まえてビール1本だけの乾杯をした。しかし、翌朝一行は見知らぬホテルの一室で目を覚ます。またもや昨夜の記憶を一切失い、そこから冒険が始まる。

まとめ

いかがだったでしょうか?僕は洋画が大好きなので洋画中心になってしまいました。

でも、10本とも自信を持ってオススメできる映画です。

ただ一つだけ問題があって、この10本を見ちゃうとめちゃくちゃ旅に行きたくなっちゃうんですよ。

ブログを書いているうちになんかウズウズしてきたので「オン・ザ・ロード」でも見ようかな(笑)

ちなみにこれらの映画を無料で視聴できるサービスがあるのを皆さんは知っていますか?

気になる方は下記をご覧ください。

U-NEXT!120,000本の動画を配信中!31日間無料!

U-NEXTとは日本最大級動画配信サービスです。

最近注目され始めていますが、実は2007年からスタートしているサービスです。

もともとインターネット回線会社ということもあり、動画配信のサービス提供にはかなりの安心感があると言えます。

【U-NEXT特徴】

  • 120,000本以上の動画を観ることができる
  • 無料で31日間利用することができる
  • 最新作の配信が早い
  • 毎月1200ポイントをもらうことができる
  • 家族でアカウントを共有できる
  • 70誌以上の雑誌が読み放題
  • NHKオンデマンド見放題パックがついている

これだけ見たらメリットばかりですね。

ただ、U-NEXT利用料金月額1,990円(税別)かかります。

個人的には「ちょっと高いなぁ…」ってのが本音ですが、毎月1,200ポイント(※初回登録時は600ポイント)を貰えることを考えると実質790円で見放題を楽しめるので、許せる値段だと思います。

あと、31日間の無料トライアル期間であれば、月額料金は一切かかりません。

僕も最近使いはじめたんですけど登録がなんと2分!

ツタヤに行くといっつも在庫がなかったり、延滞ばっか!なんて人にもU-NEXTはオススメですね。

なにより、旅行先で映画を見れることが最高。

それでは!

U-NEXTではイントゥザワイルドとオンザロードは配信されていません。TUTAYA TVをご利用ください。なお、TUTAYA TVは他の動画サイトに比べると動画配信数が少なくオススメできません。なので無料期間が終了次第、解約することをオススメします。

関連記事:賛否両論の【U-NEXT】メリット・デメリットをわかりやすく解説します!