【迷っている人必見!】いなフリに行っては行けない3つの理由

どーも、世界一周準備中のジゲン(@jigen1987)です。

突然ですが「田舎フリーランス養成講座」って知ってますか?

僕は世界一周の前にWebスキルを高めるために参加したんですが、本当にもう最悪でした…

今回は、そんな「田舎フリーランス養成講座(以下:いなフリ)」に行ってはならない理由を3点ほど紹介します。

いなフリに参加するか迷っている人は絶対に読んでください。考え方が360度変わります。

 

そもそも「田舎フリーランス養成講座」って何?

 

田舎?

フリーランス??

養成する???!!!

初めて「いなフリ」の広告をTwitterで見た時は怪しすぎる!!の印象しかありませんでした。

実際にホームページを見ると「公務員を辞めたけど独立初月で15万稼ぎました」とか「会社員辞めたけど22万円稼ぎました」とかっていう、いわゆる読者の声的なものがやっぱり…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怪しすぎる!!!

 

これ、◯ムウェイ?!

 

新しいネットワークビジネスワロタW

 

 

 

とか、最初は思っていました。しかし、調べれば調べるほど気になってしまい、世界一周の前にちょっと行ってみようかなぁ、と思って参加してきました。

しかし、内容はまぁやっぱり最悪なもので、僕はやっぱり騙されました

これ以上、犠牲者を増やしたくありません。

なので、今からいなフリに行ってはいけない理由をまとめましたので、熟読していただけると幸いです。

 

まず、はじめに講師陣の教え方が…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最高にわかりやすかった!

1ヶ月間ほど、Webサイト政策・Webライティング・ブログ・SNSの活用方法について学びます。午前中は講義、午後は作業の流れで1日を過ごします。

実際に講義をしてくれた講師のみなさんはフリーランス業界の中では名の通った方ばかりでとてもわかりやすいし、その後の作業のサポートまでしてくれます。

僕はかなりパソコンが苦手なんですが、初月で8万ライティング)近く稼ぐことができました。1週目の稼ぎがゼロだったので実際には10万円ほど稼げたのではないかと予想しています。

また、ブログも目標であった20記事を書くことができました。※ちなみにサイト政策までは手が回らないと判断し、1週目からWebライティングとブログに注力しました。

いなフリではメンター制度を導入しています。日本では馴染みがないかもしれませんが職場における人材育成法の一つです。

知識や経験の豊かな先輩社員(メンターmentor)と後輩社員(メンティmentee)が、原則として1対1の関係を築き、後輩社員のキャリア形成上の課題や悩みについて、先輩社員がサポートする制度で、メンタープログラムともいいます。

そのメンターと毎日面談を重ねながら、作業を進めて行きます。仕事(ライティング、ブログ)だけでなく、生活面でも親身になってサポートをしてくれるので、ストレスなく毎日を過ごすことができました。

◯モリン、本当にありがとう。

僕はもう講師のみなさんとメンターなしではやっていけません。

スポンサーリンク

次に、コワーキンスペース「hinode」が…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

快適すぎる!!!

上記の写真が「hinode」です。とにかく綺麗で作業がはかどります。写真スタジオのように光が入って来るので気持ちも上がります。気になる方はリンク貼ってあるので飛んでみてください。

僕はもうこの「hinode」じゃなければ作業ができません。

 

最後に、いすみ4期生の仲間が…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最高すぎました!!!

僕は「いなフリいすみ4期生」です。そのなかまが最高すぎて1ヶ月間頑張ることができました。

僕はもう、この仲間達と離れることはできせん。

まとめ

以上がいなフリに行ってはならない3つの理由でした。

僕は講師のみなさんhinodeという場所いすみ4期の仲間がいないと何もできない駄目な人間になってしまいました。

それでもまだいなフリに参加しますか?

それでは!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です