【SIMフリー】はこれが最強!Huawei P10 Liteをオススメする5つのメリット

どーも世界一周中のジゲン(@jigen1987)です。

最近流行りのSIMフリースマホですが、みなさんは何の機種を使っていますか?

なんとなくiPhoneが多いような気がしますが、今日は僕が最近買った「Huawei P10 Lite」を紹介します。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
クリックしていただけるともっと頑張れます!

Huawei とは?

ジゲン
最近、「ファーウェイ」ってよく聞くけどどんな会社なの?

1987年に中国・深センに設立された従業員持株制による民間企業であり、世界有数のICTソリューションプロバイダーです。18万人以上の従業員の献身とお客様志向のイノベーション、お客様との強い信頼関係により、通信事業者向けネットワーク事業、法人向けICTソリューション事業、コンシューマー向け端末事業の各分野におけるエンドツーエンドの競争優位性を確立しています。ファーウェイは通信事業者、企業、消費者の皆様に最大の価値をもたらすべく、競争力の高い製品やサービスを170か国以上で提供し、世界人口の3分の1にもおよぶ人々のICTソリューションニーズに応えています。参照:Huawei公式

ざっくり言うと

  • 1987年中国深センで設立
  • 携帯電話、タブレット、モバイルブロードバンドデバイスなど幅広い製品を提供
  • 昨年はスマホの世界市場で第2位
  • 最近では格安シムフリー市場に力を入れ始めている

 

こんな感じの携帯です。最近、この↓マークよく目にしません?

Huawei P10 Liteとは

ジゲン
「Huawei P10 Lite」のどんなところがオススメなの?

Huawei P10 Lite」は2017年6月に発売されたSIMフリースマホです。

格安SIM・格安スマホ市場では3万円前後の製品が人気で、そのなかでも昨年からベストセラーを続けている「P9 lite」の後継モデルとあって注目度はかなり高いです。

価格.comのランキングで1位を取るなど、様々なSIMフリースマホのランキングで上位にランクインしており、前機種と同様にロングセラーモデルになりそうです。

スポンサーリンク

Huawei P10 Liteのメリット

とにかく安い

最近発売された「Huawei p10lite」は上位機種ですが、価格ドットコムでは記事執筆時点で最安値で22,980円となっています。

位置づけとしては「やや高めの格安モデル」と考えてられいて、人気の価格帯に収まっていてますが、本体の完成度の高さは、間違いなく頭1つ抜けています

iPhoneの上位機種と比べると90,000円前後の差があります。お財布に優しいのが何よりのメリットです。各種ランキングを見ても、SIMフリースマホの中で最上位の人気を得ているのも頷けるところです。

この価格帯では、間違いなくおすすめの1台といえますね!

僕はさらに安く買うためにメルカリを利用して19,500円(税込)で購入しました。

 

ライカレンズ

ドイツのハイブランドカメラメーカー「leica」のレンズを採用していて、メインカメラは1,200万画素、インカメラは800万画素です。

デュアルカメラが話題になっているなか、特別なカメラというわけではありませんが、このクラスのスマホとしては十分きれいな画像を撮影することができます。

レンズも30mm以下でF値もかなり明るい物を採用しているので、ボケを活かした写真や暗い場所に強く、高い描写力を発揮していますよ。

前までは一眼レフで写真を撮影することが多かったんですが、「Huawei p10lite」を購入してからはあまり使用しなくなりました(笑)それくらい、カメラの性能が良いんです。

 

持ちやすいサイズ

Huawei p10liteの本体サイズは146.5×72×7.2ミリで、液晶サイズは5.2インチ、重さ約146グラムです。

画面サイズは最近のモデルとしてはコンパクトで、持ちやすくなってしまします。

流行りの5.5インチでは大きすぎると感じてしまう方にオススメできます。実際に使用してみた感じはポケットに難なく入りますが、カバーをつけると少し大きさを感じます。

 

独自の急速充電

Huawei独自の超急速充電「Huaweiスーパーチャージ技術」を採用しており、高速かつ安全にバッテリーを充電することができます。

また、バッテリーは大容量の3,000mAhで、充電がなくなってもすぐに充電できるようになっています。30分ほど急速充電すれば、1日持つと言われています。実際に使用してみると動画の視聴、通話などを頻繁にしなければ2日は持ちますよ!

 

デュアルSIM・デュアルスタンバイに対応

2枚のSIMカードを挿すことができ、大手キャリアの音声通話SIMと格安SIMのデータ通信を挿して、電話とデータ通信の両方をお得にする利用方法もあります。ガラケーとスマホの2台持ちをする必要がなく、1台ですますことができるので常に身軽に過ごすことができますよ!

 

Huawei P10 Liteのデメリット

もちろん、メリットだけでなくデメリットもあります。僕自身使ってみて気になった部分を紹介しますね。

 

液晶保護用強化ガラスフィルムがうまく貼れない

これが最大のデメリットです!厳密に言えば、ケースと干渉してしまって、ディスプレイに貼った保護用ガラスフィルム浮いて来てしまうんです!タッチしてもスマホが反応しない…

僕はそのことにに気づかず、二回ほどガラスフィルムを買い換えました…(笑)

そこまで、こだわりがなければ数百円の安物で十分です。

 

背面がガラス素材

ディスプレイだけでなく背面もキレイなガラス素材になっています。高級感があり、とても肌触りが良いのですが、破損に気をつけなければなりません。

ディスプレイだけでなく、背面もカバーをつけしっかりと保護すようにしましょう。

 

内臓ストレージは32GBまで

意外と見落とされがちですが、需要なポイントです。Huawei p10liteはストレージが32GBまでしかないので、microSDカードを用意した方が良い場合もあります。しかし、ほとんどは無料のクラウドシステム(Googleフォト)などを使えば解決できます。

 

まとめ

Huawei p10liteはコスパが良く、快適に使えるスマートフォンです。比較・まとめサイトによってはiPhone7に匹敵するスマホだと言われています。

SIMフリースマホは、機種が多くてどれを買えばいいかわからない初心者にとって、間違いない端末です。

あくまで2〜3万円程度なので、経済的に余裕があり本当にハイスペックな機種が欲しい人にはオススメできません。

スマホは安く済ませたい、最低限の機能さえ使えれば良いのであれば、Huawei p10liteが最適だと思います。

僕はスマホに求めているのは、LINEカメラくらいなのでとても助かっています!

ちなみに、世界一周中はこのスマホに各国の格安SIMを入れてガシガシ使います〜!

それでは!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
クリックしていただけるともっと頑張れます!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です