実際に留学してわかったサウスピークのメリット・デメリット・評判!

ども、フィリピン留学中のジゲン(jigen1987)です。

この記事をご覧になっているということは、フィリピン留学に迷っている方でしょうか?

安心してください。

僕自身、かなり迷いました。(笑)

で、現在はフィリピンのセブ島サウスピークに語学留学しています。

実際に留学している僕だからこそわかる内部の様子をお伝えしますね。

結論から言いますが、サウスピークはガチです。

英語力を伸ばしたいのであれば、迷わずサウスピークへ留学することをオススメします。

この記事でわかること
  • サウスピークのメリット・デメリット・評判
  • 実際にレッスンを受けてみた率直な感想

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
サウスピークはガチです。ストイックすぎる留学環境なので、ボタンをクリックしていただけると頑張れます…

サススピークの概要

このHPトップ画像からしてすでに本気度が伝わって来ますね。

サウスピークはフィリピン政府か公式認定を受けた語学学校で、フィリピン教育庁(TESDA)、フィリピン移民局の認可(SSP)をそれぞれ取得済みです。引用:サウスピーク公式

サウスピークの特徴

  • むちゃくちゃ厳しい学校規則
  • 生徒の全成績を公開

むちゃくちゃ厳しい学校規則

サウスピークの最大の特徴となんと言っても業界No. 1の厳しさです。

具体的には

  • 午前8時から午後5時までの外出禁止
  • 門限は11時(1分でも遅れれば、イエローカード)
  • レッスンに2回以上遅刻した場合は警告書
  • 日本語の使用を禁じる(E.O.P校のみ)
  • 留学したばかりの生徒は土曜日に義務学習(点呼あり)
  • サウスピークが指定する繁華街での飲食は基本的になし

このルールだけ見たら運動部の合宿ですよね。(笑)

でも、それくらいスタッフも留学している生徒も本気です。

土曜日の義務学習の様子

この写真は土曜の午前中に行われた義務学習の様子です。

他の学校の生徒が遊びに行く中、サウスピークの生徒はひたすら勉強します。

生徒の全成績を公開

業界で唯一生徒の全成績を公開している学校です。

サウスピークの公式HPを見ると、下記のように写真&体験談&点数が掲載されてます。

さらにこんなものも。

歴代のTOEIC高得点者たち

TOEICスコアを大幅に上げることができた方々の名前が金のプレートとなって食堂に飾られています。

本当ガチなんですよ!!

僕も名前が載るように頑張っているとこです。

スポンサーリンク

実際に留学してみてわかったサウスピークのメリット

ルームメイト

たくさんあるので、本当に大事なメリットを4つに絞りました。

  • 平均10時間の学習時間
  • 日本で販売されている英語参考書を使用
  • 優秀なフィリピン人英語講師
  • サウスピークが選ばれるたった一つの理由

1日平均10時間の学習時間

サウスピークでは生徒が1日10時間以上の英語学習に取り組んでいます。

だいたい、朝5時半から各自自習がはじまり、レッスンと食事以外はずっと勉強をしています。

僕の隣にいるYさんは修行僧のように朝から自習室に閉じこもり、念仏を唱えるがごとく夜遅くまで音読をしています。

フィリピン留学を遊びやバカンスと勘違いしている方を時々見かけますが、そういった方は1人もいないところがサウスピークの環境の良さです。

日曜日も勉強

この意識の高さには2つの理由があります。

まず1つ目の理由は留学生の多くが社会人です。ほとんどの方がワーキングホリデー、転職、起業を希望されているので、生徒の英語取得への意識が高く、質もかなり高いです。

また、中には大学受験のために留学している方や浪人生もいます。

本当に英語の力をつけたいと思っているからこそ、みなさんの意識は高いんだと思います。

2つ目の理由は生徒が日本人だけだからです。

フィリピンの他の語学学校では韓国人や中国人などがいますが、サウスピークは日本人しかいません。

なので、徹底的に効率的な詰め込み学習が可能です。

インターン生の方も一人一人のマネジメントがしやすく、その人の独自のカリキュラムを作りやすいと言っていました。

他校との違い

日本で販売されている英語参考書を使用

僕が留学中に使っている参考書

上の写真は僕が留学中に使う参考書です。

見てもらった通り、ほとんどが日本の書店で手に入るものばかりです。

しかし、フィリピンの語学学校では「正規の教材」ではなく「コピーした海賊版教材」を使用しているのが実態です。

海賊版教材の問題点は3つあります。

1つ目はすべて英語で書かれていて、日本語訳がないということです。日本語訳がないと英語初心者は理解することや自習することができません。

そして多くの海賊版教材は白黒コピーなので大変見づらくなっています。

2つ目はリスニングの音源が付いていないことです。これでは英語の発音を自分が聞きたい時に聞けません。英語の音に慣れ親しむ時間が圧倒的に少なくなってしまします。

3つ目は教材としての質が低いことです。

僕の知り合いには韓国語訳の英語教材で学習していた人もいます。(笑)

あと、教材の見直しがなかなかされなかったりで本当にひどいです。

その点サウスピークは卒業生の声を聞きながら、2ヶ月に一度教材の見直しを行っているので間違いないと思います。

僕自身、英語の予習・復習があって毎日のレッスンが成り立っています。

その教材が韓国語や英語のみで書かれているなんて信じられません。

優秀なフィリピン人講師

セブ島は首都マニラに次ぐ第二の都市なので、豊富な人材を確保することができます。

サウスピークは予習・復習に重点を置く反転学習という仕組みを導入しています。

反転学習というのは自習学習に重きを置いて、レッスン時間を減らすことです。

これによりフィリピン人講師の採用人数を半分に抑えることができるので、雇う人数は本来必要な人数の半分なんです。

つまり、その分をお給料に回せます。

だから、常に質の高いフィリピン人講師を確保することができるんですよね。

フィリピンの田舎の語学学校だと、Be動詞や三単現を理解していない講師もいるとか…

講師の質はとても重要で、外国人だから喋れるでしょ!って過信しないようにしてください。

サウスピークが選ばれるたった1つの理由

サウスピークの最大のメリットは「生徒の成果が出る」ということです。

結局のところこれですよね。

環境、教材、講師はもちろん大事ですが、語学留学において一番大事なのは「成果」ですから。

具体的には以下のような成果が出ています。

1つ目は3ヶ月で「平均」TOEICが200点以上伸びます。

サウスピークは冒頭で説明下通り、業界で唯一全生徒の成績を公開しています。

どれくらい伸びているのかはTOEIC試験の成績公開をご覧ください。

2つ目の成果は英語が話せるようになることです。

サウスピークではもちろんTOEICの点数も伸びますが。英会話能力も大幅に高めることができます。

下記の動画をご覧ください。

3つめは卒業生の「その後」が違います。

留学は楽しいのは当たり前ですが、投資と考えることもできます。

しっかりと英語力をあげて以下のような進路を実現した生徒もいます。

  • シンガポールの外資系企業に就職
  • 英語ゼロからアメリカのオレゴン大学への交換留学
  • インバウンド向け旅行代理店への転職

など進路先は様々です。

サウスピーク割引クーポンのお知らせ

サウスピーク留学割引のクーポン券が必要な方は当ブログのお問い合わせからお申し込みください。

実際に留学してみてわかったサウスピークのデメリット

もちろんデメリットもあります。そのデメリットをどうやって改善するかを考えながら読んでみてください。

  • 英会話のレッスン時間が少ない
  • 外国人の友達ができない
  • フィリピンのご飯が合わない。

1つずつ説明していきますね。

英会話のレッスン時間が少ない

これはかなりたくさんの方が不満をもらしています。

「せっかく留学したのに会話が少ない」

「もっとフィリピン人講師と喋りたい」

実際、英会話のレッスン時間が少ないのは事実です。

僕も同じことを感じましたが、いざ喋ろうと思ってもある程度の単語・文法をわかっていないとほとんど喋ることができません。

「留学=英語で喋ること」

と思っている人が多いようですが、単語・文法をある程度知らないとスタートラインに立つことができないので、まず単語・文法から地道に勉強することをおすすめします。

”急がば回れ”ってやつですね。

外国人の友達ができない

こんなにキラキラしてません

厳密に言うと、作りづらい環境です。

というのも、サウスピークの生徒はすべて日本人です。

外国人の友達を作ろうと思ったらBARで声をかけたり、誰かに紹介してもらうしかありません。

僕は週末はなるべく外に出かけて、とにかくたくさのフィリピン人(時には欧米人)に話しかけるようにしています。

ナンパではないですよ。(笑)

なので、海外の友達が欲しいって方にはサウスピークは合わないでしょう。

英語力アップ友達作りのどっちが大事かをしっかりと判断してください。

本当に大事なのはどっち?

フィリピンのご飯が合わない

今日の朝ごはん

フィリピンのご飯が合わないって方が結構多いようですが、個人的には問題ないです。

最初は味付けが少し気になりましたが、慣れれば問題ないですよ。

でも、中には自前のふりかけやマヨネーズを持参したり、お腹を下してしまった方もいます。

どうしても合わなければ、サウスピークの近くに安い屋台(1食200円)もあるので外食してみるのもありです。

サウスピークの留学はこんな人におすすめ!

  • 1日12〜13時間は勉強したい人
  • 休日もしっかり勉強したい人
  • TOEICの点数をガッツリあげたい人
  • 外国人の友達はそこまでいらない人
  • ウェイウェイ感が必要ない人

サウスピークの評判


まとめ

いかがだったでしょうか。

僕が実際に留学してみて感じたことをまとめてみました。

留学期間はあと2ヶ月ほどあるので、まだまだ情報を発信していきたいと思います。

それでは!

サウスピーク割引クーポンのお知らせ

サウスピーク留学割引のクーポン券が必要な方は当ブログのお問い合わせからお申し込みください。

【関連記事】

>>【旅の英語力】それで大丈夫?オンライン英会話なら1日30分でOK!

>>【体験談あり】ネイティブキャンプのメリット・デメリット・評判まとめ

 

当グログではこちらの記事も読まれています

>>旅&映画好きがおすすめするロードムービー10選!今すぐ旅に出たくなること間違いなし!

>>夏のリゾートバイトどこでする?【爆稼ぎ】ならアルファリゾート!体験談あり

>>1ヶ月に20万稼ぐ!本気で貯金ならリゾートバイト!オススメ派遣会社も紹介します