【転職で一歩を踏み出せない20代へ】僕は7年務めた学校の先生辞めました

どーも、世界一周準備中のジゲン(@jigen1987)です。

みなさんは仕事を辞めたいと思ったことはありますか?

僕は7年務めた教員を辞めました。

安定もしていたし、やりがいもありました。でも辞めました。

この記事は「一歩を踏み出せない人向け」&自分の忘備録として書いています。

読みたい方だけ読んでみてください。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ボタンをクリックしていただけると、世界一周の準備がはかどります。

 

教員になる前は民間企業に就職

僕は大学を卒業してからは、北海道の老舗アウトドア会社で働いていました。そこでは山岳ガイド、ラフティングガイドとして働いていました。

え、教育大を卒業したのに先生にならないの?って思った人もいるとは思うんですが、なりませんでした。

どーしてもやりたい仕事で、一時期は独立も考えていました

こんな感じで、川や山にゲストを連れて行っていました。職場の同僚・先輩・ゲストに恵まれ、毎日が楽しく充実していましたが、ある日あの震災が起こります。

そう、「東日本大震災」です。

 

東日本大震災が起きた時の心境

3月11日14時46分に地震が発生しました。

この時の心境は、正直あまり覚えていません。職員寮のベッドで昼寝をしていてなんか揺れてるなぁって感じたくらいです。それが午後3時くらいで、同僚に起こされテレビをつけるとあの映像が流れていました。

【※閲覧注意※】

僕の地元の福島県は、津波により大きな被害を受けました。

福島に住んでいる父・母となかなか連絡がとれず、とても焦りましたが翌日には元気にしている声を聞き、ホッとしたのを今でも覚えています。

震災翌日からは、様々な情報がニュースで流れました。ある日こんなニュースを目にします。

小学生が教室で体育の授業をしていました。

外で遊びたい年頃の子どもたちが、狭い教室でマット運動の授業をしているのが不憫で仕方ありませんでした。

その映像を見た時に「地元に帰って教員になろう」と決意しました。

その日のうちに、退職を決意し会社の代表に辞表をだします。

しかし、福島県ではたくさんの子どもが全国に避難したこと、行政の混乱状態ということもあり、その年の教員採用がなくなってしまいました。(※今では再開しています。)

そのような経緯もあり、北海道で教員になりました

 

スポンサーリンク

教員を辞めた理由

北海道で教員になってからは7年ほど働きました。

楽しいことばかりでなく、もちろん辛いこともありましたが、可愛い子ども達に囲まれ幸せな7年間を送ることができました。しかし「このままで良いのかなぁ」とずっと感じていました。

 

教員を辞めるネガティブな理由

  • 教員という閉鎖的なコミュニティで生涯が終わる
  • パッケージ化された授業の押し売り→自由度がかなり低い
  • 同じような偏差値層の集まりなので、個性が均一化されていく
  • 自分らしくいれない→「先生」を演じなければならない
  • 子どもの「しつけ」をしなければならない→家庭の問題
  • 経済的なリスクヘッジができない→辞めた後どーする?

ネガティブな理由はキリがありませんね。

教員を辞めるポジティブな理由

  • 生涯年収が決まらない
  • 多種多様な価値観に触れることができる
  • 「自分らしさ」を大事にできる
  • いろいろなことに挑戦できる
  • 複業(副業ではない)をすることができる

ポジティブな理由もまだまだありますが、この辺でやめておきます。

▽転職を考えているならコチラがオススメ▽

で、実際に辞めた理由って何?

多分ほとんどの人が

「◯◯◯をやりたい」とか「◯◯◯の仕事はもう無理…」

と言います。

けど、僕は違いました

「やらなかった後悔」をしたくなっかたんです。

人は得することより損すること強いストレスを感じます。

つまり、「損をしたくない」というのが一番純粋な動機なんです。

みなさんは「ダニエル・カーネマン」という研究者を知っていますか?

ダニエル・カーネマンは、経済学と認知科学を統合した行動ファイナンス理論及びプロスペクト理論で有名なアメリカ合衆国(ユダヤ人)の心理学者、行動経済学者。参照:ウィキペディア

この人は心理経済学的に研究した人です。なかなか一歩を踏み出せない人は読んでみると良いでしょう。

自分で一歩を踏み出せないのには理由があり、どんな心理状態になっているのかが下記の本を読めばわかります。

時間がない場合はこの一冊で十分

時間に余裕がある方にオススメ

時間に余裕がある方にオススメ

 

 

まとめ

僕が学校の先生を辞めた理由は、「やらない後悔」つまり「世界一周に行かない後悔」をしたくなかったからです。

転職・退職も同じことが言えます。今迷っている人は、一歩を踏み出すことを考えることも大切です。

あの時、転職(退職)しておけばよかったなぁ」っていう後悔をしてほしくはありません。

僕は「退職してよかった」ってすでに感じています!

それでは!

▽転職を考えているならコチラがオススメ▽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です