セブ島で治安が悪い【コロン】の歩き方!激安店138モールが熱い!

ども、フィリピンはセブ島に留学中のジゲン(jigen1987)です。

みなさんはセブシティで一番危険な場所って知っていますか?

よく聞くのが『コロン』『カルボン』『パシル地区』

「ローカルなエリアは危険だから行かない方が良い」と言いますが、本当のところはどうなんだろう?

こーゆう風に思う方も多いので、今回は実際に『コロン』へ行って来ました…!!

しかし、ダウンタウンの夜は大変危険なので昼間に行くことに。

この記事でわかること
  • コロン(Colon)の場所・行き方
  • コロン(Colon)の日中の様子(写真あり)
  • コロン(Colon)のオススメショッピングモール『138モール』について
  • コロン(Colon)を歩くときの注意事項

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界各地の危険な場所に行ったことを武勇伝のように語ることが好きではありません。ボタンをクリックしていただけると助かります!

『コロン(Colon)』ってどんなところ?

コロンストリート

セブ島のダウンタウン(繁華街)の有名な地域が『コロン(Colon)』です。

この地域には「サントニーニョ教会」「マゼランクロス」「フォートサンペドロ」などの建造物があるので、そちらへ観光するついでに寄る人も多いようです。

上記の観光スポットがあるコロンエリアのほとんどは、低所得者層が多い地域で観光スポットと言える場所ではありません。

語学学校によってはコロンは立ち入り禁止区域になっていたり、フィリピン人のアテンドが必要な治安の悪い地域だと言われています。

しかし、実際のところは…?

ドゥテルテ大統領になってからは犯罪が激減したという話をよく聞きます。

銃を持ったガードマンが街のいたるところに配備されているので、犯罪はほとんど起きることがありません。

もちろんコロンエリアも含め。

フィリピン人の先生方はドゥテルテ大統領のことを「マイグランドファザー(私のおじいちゃん)」と、親しみを込めて言っています。

『コロン(Colon)』の場所・行き方

セブ市街からはタクシージプニーで行くことが出来ますが、ジプニーは乗り換えも必要なのでタクシーがオススメ。

タクシーの運転手には「Go コロンストリート」で通じます。

セブ市街からであれば、料金はおよそ120ペソ(約240円)ほど。

僕が留学しているサウスピークという語学学校(ウィンランドタワー)からは歩いて45分ほどなので、僕は歩いて行くことが多いです。

『コロン(Colon)』を探索してみました

コロンの中心地

午前中だったのでそこまで人はいませんでした。

コロンの中心地ですが、まだお昼くらいなのでそこまで人が出ていません。

なので腹ごしらえをすることに。

穴場の中華料理屋さん

『Mingnan Chinese Cuisine』

料理や屋台のご飯はちょっと…

という方ににオススメのむちゃくちゃおいしい中華料理屋です。

バイキング形式

たくさんある惣菜から2つ選ぶことができます。

でワンプレートにまとめたのがこちら▽

60ペソ(約120円)

なんとこれで60ペソ(120円)

これはかなり安いですよね。

昼食後、コロン散策を再開。

少しずつ人が出てきました。

こんな感じで、衣類や日用雑貨を購入することができます。

語学学校の先生方も、大型ショッピングモールなどではなく、よく『コロン』で買い物をすると言っていました。

とにかく路上販売が多く、食料から日用品まで何でも格安で手に入ります。

購入した財布

アディダス(絶対偽物)の財布を12ペソ(約24円)で購入。

安すぎる…!!

スポンサーリンク

『コロン(Colon)』で買い物をするなら「138モール」がオススメ

138モールの外観

『138モール』は腕時計や時計、バッグ、靴、洋服などの小売店が数十店舗あり値段も安いのでセブ市民だけでなく、バックパッカーや留学生なども買い物に来たりしています。

ちなみに、日本でよく見かけるブランドもありますがほとんど偽物…!!

フィリピン人が着ると偽物っぽいけど、日本人が着ると本物ぽいってフィリピン人の先生が言っていました。(笑)

一階の様子

店内は日本の「ドンキホーテ」と似ている。

ごちゃっとしてる印象ですが、わりと整理されています。

偽物サングラス

ナイキ・レイバン・オークリーのサングラスが50ペソ(約100円)

シュプリームのリュック

シュプリームのリュックが925ペソ(約1850円)

女性用の靴

女性用のサンダルは250ペソ(約500円)

スマホアクセサリーやデジタルガジェット類は日本とさほど変わらない値段でした。

店内は3階建てでゲームセンターやフードコートなどもありました。

ゲームセンター

フードコート

『コロン(Colon)』へ行くときの注意事項

  • 財布の中身は最低限にする→1000ペソ(約2000円)ほどあれば十分。クレジットカードやパスポートを持ち歩かないようにすること。
  • 目立つ服装は控える→日本人が歩いているだけで目立ちます。地味な格好で十分。
  • スマホや財布を出すときは最新の注意を払う→一番多いのがひったくり。
  • バッグは体の前に来るようにする→バッグを背負っていると後ろから探られる可能性がある。

ダウンタウンで多い被害はダントツで、ひったくりです。

現地のフィリピン人ですらスマホを使おうと思ったら盗まれた!

という話をちょこちょこ聞きます。

また、夜間・1人での行動は控えるようにしてください。

夜は何が起こるかわかりませんし(留学2ヶ月の僕自身まだ行けていません)、1人で行くことも危機管理的にはオススメできません。

『コロン(Colon)』の歩き方・まとめ

僕の肌感覚ですが、日中は全くもって危険な目に合うことがありませんでした。

店員さんは丁寧に接客してくれるし、道がわからなかったら教えてくれます。

上記に挙げた注意事項さえ守れば、快適にコロンでの観光・激安ショッピングを楽しむことができますよ!

それでは!

サウスピーク割引クーポンのお知らせ

サウスピーク留学割引のクーポン券が必要な方は当ブログのお問い合わせからお申し込みください。

当ブログで人気の記事

>>旅&映画好きがおすすめするロードムービー10選!今すぐ旅に出たくなること間違いなし!

>>【旅の英語力】それで大丈夫?オンライン英会話なら1日30分でOK!

>>【旅人必見】僕が世界一周に行く3つの理由を本気で考えてみた

>>【2018年度版】世界一周バックパッカー旅の持ち物、グッズ一覧

>>1ヶ月に20万稼ぐ!本気で貯金ならリゾートバイト!オススメ派遣会社も紹介します