本当に危険?カルボンマーケットは安全!セブ最大のローカル市場を満喫しました!

ども、フィリピンはセブ島に留学中のジゲン(jigen1987)です。

セブ島に語学留学・旅行に来ると「危険だから日本人は行くな」と言われる地区がコロン・カルボンマーケット・パシル地区の3つです。

でも、そのうちの1つのカルボンマーケット「セブの台所」と言われていて様々な食材を購入することができます。

他にもオシャレな雑貨や古着を格安で購入することができるので、カルボンマーケットに行けば生活に必要な物をすべて揃えることができる…!!

ってことで、潜入して来ました。

この記事でわかること
  • カルボンマーケットの場所・行き方
  • カルボンマーケットの様子
  • カルボンマーケットへ行く際の注意事項

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
昼間のカルボンマーケットは人も優しく、旅人初心者の僕でも楽しめる場所でした。ボタンをクリックしていただけると助かります。

カルボンマーケットへの場所

カルボンマーケットはコロンエリアの南に位置し、近くにはマゼランクロスやサントニーニョなどの観光スポットもあります。

セブシティの中ではパシル同様、治安が最も悪いと言われている場所の1つ

僕が通っていた語学学校では「絶対にカルボンマーケットへは行かないでください」と、最初のオリエンテーションで言われたくらいです。

カルボンマーケットへの行き方

カルボンマーケットの入り口

タクシーで行く

1番無難な移動手段ががタクシーです。

フィリピンのタクシー初乗りは40ペソ(約80円)なので、セブシティ市内からであれば120ペソ(約240円)ほどで行くことができます。

タクシーの運転手には「ゴー カルボンマーケット」と言いましょう。

これだけで連れていってもらえます。

ジプニーで行く

街のいたるところで走っています

ジプニーは1回7ペソ(14円)で乗れるセブ庶民の乗り物です。

しかし、路線把握が難しいので留学生や旅行者にはオススメできません。

セブ島現地のオプショナルツアーに参加

タビナカというセブ市内の観光ツアーをやっている会社もあるので、リクスを最小限に抑えたい方は利用するのもありだと思います。

激安のカルボンマーケットに潜入!

まずは新鮮な野菜・果物を探しに!

セブ島の台所と言われるだけあってたくさんの野菜・果物が売っています。

じっくり回ろう思ったら1日はかかる広さ。

マーケットはとにかく広い

みんな明るく接してくれます

怖そうなおっちゃん

怖そうなおっちゃんも優しく接してくれました。

昔日本で働いていたことがあったようで、「写真を撮ってくれ」と言ってグイグイ近づいて来ました。(笑)

カルボンでは自分の親が働くお店の前で、子どもたちが元気に遊んでしました。

店番をする子

可愛らしい雑貨

可愛らしい雑貨もたくさんありました。

写真を撮り忘れたんですが、古着屋さんもあちこちにあって50ペソ(約100円)ほどでデニムを購入。

カルボンマーケットでの注意事項

  • 財布の中身は最低限にする→1000ペソ(約2000円)ほどあれば十分。クレジットカードやパスポートを持ち歩かないようにすること。
  • 目立つ服装は控える→日本人が歩いているだけで目立ちます。地味な格好で十分。
  • スマホや財布を出すときは最新の注意を払う→一番多いのがひったくり。
  • バッグは体の前に来るようにする→バッグを背負っていると後ろから探られる可能性がある。

ダウンタウンで多い被害はダントツで、ひったくりです。

現地のフィリピン人ですらスマホを使おうと思ったら盗まれた!

という話をちょこちょこ聞きます。

また、夜間・1人での行動は控えるようにしてください。

夜は何が起こるかわかりませんし、1人で行くことも危機管理的にはオススメできません。

カルボンマーケットのまとめ

いかがだったでしょうか?

このブログに掲載している写真のほとんどは一眼レフカメラで撮影したものです。

後でフィリピン人に教えてもらったんですが、「カルボンで一眼レフカメラやスマホを出すなんてありえないよ」と言われました。

僕の肌感覚ですが、そこまで危険な匂いは感じなかったんだけどなぁ。(昼間だからってのもあるんでしょうが)

ネットの情報、人の言うことは一回受け止めて自分なりの答えを導き出して行きたいなと感じた1日でした。

それでは!

当ブログで人気の記事

>>旅&映画好きがおすすめするロードムービー10選!今すぐ旅に出たくなること間違いなし!

>>【旅の英語力】それで大丈夫?オンライン英会話なら1日30分でOK!

>>【旅人必見】僕が世界一周に行く3つの理由を本気で考えてみた

>>【2018年度版】世界一周バックパッカー旅の持ち物、グッズ一覧

>>1ヶ月に20万稼ぐ!本気で貯金ならリゾートバイト!オススメ派遣会社も紹介します